食事を工夫して痛風を予防|病気に勝つ体づくり

男性

痛みを慢性化させない工夫

料理

痛風を慢性化させないためには、食事で改善することがポイントです。尿酸値を上げないよう、プリン体を多く含む食品は控えましょう。また利尿のために、水やお茶などの水分を多く摂ると良いでしょう。さらに食事のバランスを工夫し、高タンパク低カロリーを心掛けましょう。

More Detail

尿酸値を下げましょう

笑顔の男性

血液中の尿酸が多くなりすぎて、関節炎が起こる病気を痛風といいます。その発作が起きる前に血液中の尿酸値が高い状態が長く続く高尿酸血症になりますが、放置したら悪化するので病院を受診しましょう。痛風は薬物療法や食事療法、サプリなどで痛みを和らげ改善することができます。

More Detail

尿酸値が高いと起こる病気

食事

昔は贅沢病と言われた病気

近年、痛風発作を起こす人が、増えています。以前は贅沢病や金持ち病とも言われていて、これはお金持ちの人のような豊かな食事を続けていると、痛風を多く発症したことから来ています。現代ではお金持ちではなくても、多くの人が食べ物に苦労しなくなり、ある程度好きなものを、好きなように食べることができるようになりました。このため、一般の人たちにも痛風発作起こす人が増えているのです。痛風発作を起こす背景には、日ごろからの血液中の尿酸値が高いということがあります。日ごろからバランスの取れた食事を適正量摂取している人が、一度くらい暴飲暴食をしたからといって、すぐに痛風になる可能性は極めて低いものです。しかし、暴飲暴食が日常的に続いていると、痛風発作を起こしやすい状態になりますので、注意が必要です。

尿酸の特徴

痛風の原因となる尿酸は、プリン体という物質から作られます。食事などに含まれるプリン体が口から体内に入る分、体内で生成される分とがあり、量としては体内で生成される方が多いです。また、水の摂取が少なく尿として体外に排出されないと、血液中の尿酸値が上がるという特徴もあります。また、肥満の人は尿酸の排出がされにくいと指摘されています。食事についてはビールなどアルコールにプリン体が多く含まれていますし、食材の中では青魚や内蔵系、魚卵や大豆などに多く含まれています。ただ、プリン体が多く含まれている食品や飲み物を避けても、総摂取カロリーが高いと体内で尿酸が多く生成されますので、食事内容とともに食事量も適正にすることが重要です。

高尿酸による痛みを改善

男性

痛風で利用したいサプリメントは、血流をよくするDHAやビタミンE、老廃物排出を促進するドクダミ茶です。こうしたサプリメントの利用とともに、食事にも工夫することが大事です。必要摂取カロリーを守り、プリン体が少ない食品を利用していくことで、必要な量の栄養素を摂りながら痛風対策をすることができます。

More Detail